1週間で痩せる!短期集中ダイエットレシピ

スポンサーリンク

1週間で痩せる!短期集中ダイエットレシピ

 

管理人のダイエットアドバイザーRyou(リョウ)です。

 

いまこのページをご覧になって頂いているあなたに、ちょっと質問です!

 

「1週間で痩せる!○○○ダイエット!」と聞いたとき、どう思いますか!?

 

ダイエットビフォーアフター

 

「またまたぁ〜笑」

 

「そんなのあるわけないじゃん!!」って思いませんか!?

 

それとも・・。

 

「なになにぃ!?」

 

「絶対やるやる!」

 

あなたならどちらの反応になるでしょうか?

 

 

ここでちょっとアドバイスです。

 

もし、あなたがちょっとでもダイエットが成功したい!痩せたい!キレイになりたい!と思うのであれば、“素直”になることが肝要です。

 

体重計

 

このことは、ダイエットを成功するという事において、とても大切なマインドです。

 

 

正直、ダイエットはどれもが正解であり、どれも不正解です。

 

つまり、人それぞれによって色々と変わるということです。

 

 

こうしたことをキチンと理解したう上で聞いてくださいね。

 

 

今回のテーマは、「1週間で痩せる!短期集中ダイエットレシピ」です。

 

ダイエットレシピ

 

“1週間で痩せるための、短期集中ダイエットレシピ”は、究極・・いうと、何も食べないことです(笑)

 

何も食べずに、野菜ジュースなども織り交ぜながら、水分補給をきちんと摂っていただければ、1週間で、確実に痩せることができます!

 

 

チャンチャン(笑)

 

 

 

ですが、それでは納得して頂けないと思いますので、ここからが本題になります。

 

 

まずは、短期間で痩せるためのダイエットの鉄則。

 

しかも1週間

 

 

消費カロリー(Kcal) − 摂取カロリー(kcal) = マイナスではなく+の数字になることです。

 

 

消費カロリーが1500、摂取カロリーが1000だとしたら、

 

1500 − 1000で、= 500

 

この500kcal分、摂取カロリーよりも消費カロリーの方が上回っているので、その分だけ、痩せていくということです。

 

 

 

これが、例えば、消費カロリーが1000、摂取カロリーが1500だとしたら、どうだと思いますか?

 

 

1000 − 1500 = −500

 

マイナスだからといって痩せているわけではないですよ?

 

 

この計算式だと、摂取カロリーの方が多いのがお分かりだと思います。つまりそれだけの量を食べているということになります。

 

お菓子なのか、ごはん大盛りなのか、食べ放題なのかは定かではありませんが(笑)

 

 

これが、いわゆる“太る”という現象。

 

太るという現象

 

 

ですから、1週間という短期間で痩せるダイエットのレシピは、できるかぎり、摂取カロリーを抑えて、消費カロリーを増やす!

 

これに尽きるということになります。

 

 

つまり、先ほどの計算式ででてきた、プラスの数字を、いかにして大きくしていくのかがダイエットレシピのポイントになります。

 

もちろん、あなたもご存じのとおり、消費カロリーを増やすのは、“運動”をすることです。

 

運動によるダイエット

 

 

ですが、今回のテーマは“1週間で痩せるダイエットレシピ”ですから、食事という視点で考えていくことになります。

 

要するに、いかに摂取カロリーを抑えたレシピであるかどうかというのが、ポイントになるわけです。

 

 

では、カロリーを抑えたダイエットレシピとは!?

 

カロリーでみた時に、まず考えなければいけないのが、“脂質”です。

 

脂質とは、栄養素の1つ。

 

栄養素の中には、炭水化物(ごはん、パン、麺類)、たんぱく質(肉、魚、豆腐、乳製品)、脂質(油脂など)、ビタミン(野菜、果物)、ミネラル(塩、海藻類)と呼ばれる5大栄養素というものがありますが、この5つの中で、一番カロリーが高いのは“脂質”です。

 

いわゆる“油脂”です。

 

炭水化物

 

 

炭水化物やたんぱく質が1gにつき、約4kcalに対して、脂質はそれの2倍強の9kcalです。

 

 

通常、1週間という短期間でダイエットで痩せるレシピとなると、考えなくてはいけないのが、1回の食事で油を使った料理を1品までにするということです。

 

これは、野菜サラダに使われるドレッシングも然りです。

 

もし、あなたが野菜サラダに、油の入ったドレッシングを使用した場合は、それを1カウントにしなければいけません。

 

これが意外に、忘れてしまいがちな盲点の1つですから、ぜひここで頭に入れておいてくださいね。

 

 

ここまで、お話してきた“1週間で痩せるダイエットのためのレシピ”ですが、カロリーという視点でご紹介してきました。

 

 

 

次に、ポイントとなるのが、バランスです。

 

 

これは、食事のバランスということです。

 

食事のバランス

 

ダイエットといっても、ただ痩せるというわけではありませんよね?

 

 

1週間で、健康的にダイエットで痩せるというレシピという意味でいうと、ただ“リンゴ”だけを食べていれば良いというわけではないはずです。

 

 

つまり栄養素の役割を生かした、バランスの良いレシピであるかどうかというのがもう一つのポイントになるわけです。

 

 

では、バランスの良いダイエットレシピとは?

 

先ほど、簡単に説明した5大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル)のうち、炭水化物、たんぱく質、脂質をバランスよく摂取するレシピということです。

 

 

「えっ!?脂質ってカロリーが高いから、あまり摂ったらいけないんじゃないの!?」

 

 

確かに、摂り過ぎは禁物ですが、脂質を全く摂らないというのも問題になります。

 

簡単に言えば、脂質はホルモンのバランスを整えたり、細胞の外側の膜を作ったり、身体の機能という点において大切な栄養素になるからです。

 

 

では、1週間で健康的にダイエットで痩せるために、この3つの栄養素をどれぐらいの割合で摂るのがベストなのか!?

 

PFC比(PFCバランスとも呼ばれています)という、摂取カロリーに対する3大栄養素の構成比率を表しているものですと、

 

たんぱく質:脂質:炭水化物 = 15 : 25 : 60 が理想的であると言われています。

 

 

ダイエットのためのレシピをパッとみて、このバランスが保たれているか!?というのがポイントになります。

 

 

ごはんやパンなどの、炭水化物の量は適切であるかどうか?

 

炭水化物の量

 

 

例えば、ごはん1膳(約140g)のカロリー数は約200kcalですが、1日の食事の摂取カロリー数を1500kcalと設定した場合、

 

1500kcal×0.60=900kcalですので、3食ともに、ごはん1膳を食べたとしても合計で約600kcalで、残り300kcal炭水化物を摂ることができます。

 

 

ですが、もし1日の摂取カロリーを1000kcalと設定した場合ですと、ごはん1膳の3食だけで、炭水化物分を摂ってしまうことになります。

 

これは、ごはん以外での炭水化物を完全にカットしなければ、バランスのよいPFC比でのダイエットレシピではないということになります。

 

 

そうなった場合、どうするかというと、ごはんよりも炭水化物量の少ない、お粥を1食選択することが有効になります。

 

お粥1膳(生米40g全粥)の場合は、約130kcalですので、問題ないことがお分かりだと思います。

 

 

もう一つのたんぱく質。

 

たんぱく質の量

 

 

このたんぱく質は、主に肉や魚類ですが、簡単に言えば“おかず”になります。

 

このおかずもダイエットのためのレシピに含まれているか?というのが大切なポイントです。

 

肉や魚などのたんぱく質の大きな役割は、主に、人間の筋肉の主原料となるものだからです。

 

ダイエットで筋肉が関わる大きな意味は、消費カロリーをあげるということになります。

 

ですから、きちんと肉、魚を食べて、筋肉を維持するということがダイエットという点においても重要です。

 

 

 

最後に、1週間で痩せる!短期集中ダイエットレシピのポイントのおさらいです。

 

摂取カロリーを、消費カロリーよりも減らす。

 

→そのためにカロリーの高い油を使った料理を1食1品にする。

 

PFCバランスを参考に、食事のバランスを考えること。

 

→炭水化物の量を極端に減らすことなく、筋肉の元であるたんぱく質を摂ること。

 

 

1週間という短期集中で痩せたい方のためのダイエットレシピを紹介しましたができるだけ無理をせずに健康的なダイエットをするようにしましょうね!

 

スポンサーリンク