とくダネでおなじみ竹田圭吾が激やせした画像

スポンサーリンク

【画像あり】とくダネでおなじみ竹田圭吾が激やせ!病名は・・

 

こんにちは。管理人のダイエットアドバイザーRyou(リョウ)です。

 

とくダネでおなじみの竹田圭吾さんが激やせしたのはなぜでしょう?

 

このやせ方は病気?などなどうわさが耐えないようですが激やせしたのは本当ののようです。

 

今回は、画像もまじえ、竹田圭吾さんが急激に痩せた原因である骨肉種という病名にも迫っていきたいと思います。

 

竹田圭吾さんと言えばポーカーフェイス、いわゆる心や感情を外にあまり表さない顔つきですが、けっこうはっきりとものを言うジャーナリスト・コメンテーター。

 

その竹田さんが久しぶりにテレビに出ているのを拝見したら別人かと思われるくらい激やせしていました。

 

何があったのでしょうか?

 

竹田圭吾さんの経歴を少し書きます。

 

1964年12月30日生まれ 49歳

 

慶應義塾大学文学部史学科卒業

 

日本のジャーナリスト

 

竹田圭吾さんは初めはスポーツ雑誌記者としてアメリカでプロスポーツ現地取材を行っていた。
その後ニューズウィーク日本版編集部に入り国際情勢、アジア経済、社会問題などを取材し、副編集長を経て編集長になる。

 

ニューズウィークは1933年2月17日にトーマス・J・Cマーティンが中心となって創刊されました。
初めはニュースと写真を中心として売り上げを伸ばしている雑誌でしたが、次第に論説やインタビュー記事、著名人によるコラム、独占取材など多様な内容に変わっていった。
本社はニューヨークにあってアメリカ国内には9つの支局、世界中に13の支局がある。

 

日本語版は1986年に創刊された。私もしばらく読んでいた時期があるのでよく知っているが、週刊誌にしては政治、経済、人物、など詳しく書いていていたので読みやすくよくわかったのを覚えている。
現在は阪急コミュニケーションズが発行しています。

 

毎週火曜日発行で一冊460円で発売されています。

 

激やせした竹田圭吾さんがそのニューズウイーク日本版の編集長を辞めてから、テレビのレギュラーコメンテーターや阪急コミュニケーションズ別冊編集部部長、また東京都中央区教育医院などを務めました。

 

竹田さんは36歳で編集長になったころからテレビのコメンテーターをするようになって、日本テレビ辛坊治朗のウエークアッププラス、毎週日曜日宮根誠二のMr.サンデーなど多くの番組に出演するようになっていきました。
そのころから多くの視聴者に顔を知られ、人柄もコメントも興味深く見聞きするようになりましたね!

 

先日、ウエークアッププラスに出演している竹田圭吾さんをみました。

 

以前は太っているほどではありませんが、中年の男性の普通並みの体格だったと思っていましたが、テレビの中の竹田圭吾さんはダイエットや意識的に痩せたようではないと思いました。

 

素人でもわかるくらいの激やせで病気なのではとすごく心配になりました。

 

竹田圭吾さんが激やせした画像

 

「最近では自分のブログでも病気になり療養のためにいろんな番組を降板したりしています。」とあったのでやはり病気だと思いましたら骨肉腫(骨の腫瘍)のようですよ。

 

またフィギュアースケートの浅田真央選手のお母様の病気にもふれており、「その時の競技者としての浅田真央の心境や頑張りに感動した。」とも書いてありました。

 

仕事人としての竹田圭吾さんについてちょっと書きます。

 

竹田圭吾さんのコメンテーターとしての考え方は、みんなが一つの方向にばかり意見や見方がむいていくのを恐れています。

 

いろんな考えや見方があってこそいいと思っているので一方にながれているときはちょっと待ってと思うそうです。

 

コメンテーターとしてテレビに出演しているときに気をつけていることは番組を見ている人にとっていかにプラスになるかを考えます。

 

視聴者が知っていることを話しても意味がないし、マスコミや世論が一つの方向にいきそうなときは、同じだと思っていても同調しないであえて別のことを話してみて別の視点があることを提示するように意識しています。

 

また発言するときは見ている人たちに意外性を持ったことを話すようにしています。

 

視聴者と同調するような当たり前のコメントでは発言の意味がありません。

 

視聴者が見る前にはなかった発見や驚きがあって、見方が変わったり、視野が広がるような発言をできるように心がけています。

 

人は空気を読んで支配されてみんなに同調するのがいいとおもうところがありますが、政治でも芸能でもどんな問題にも100%の白や黒はないと思っています。

 

人は自分の考えだけを信じている人が多いですが、自分の見方が絶対ではなくて、わかっていない自分もいるということを知っておくことが必要であるし気をつけています。

 

などと考えを述べているのを見たことがあります。

 

ここで竹田圭吾さんのようなジャーナリストという職業はどんな仕事なのでしょうか。

 

新聞、雑誌、ラジオ、テレビ、書物などに最新の出来事を報道する人となるのでしょうか?

 

分野によって取材の仕方の違いはあるでしょうが、それぞれの分野を徹底的に調査したくさんの取材の中からほんの一部を正確にわかりやすく伝えるようにすることなのでしょう。

 

そのために世界中をかけまわって取材し最新の情報を一刻も早く紙面やテレビなどに供給しなければなりません。

 

現役時代は自分の身体のことに気を配って日々の生活はおくれず、いかに早く取材をし、情報を発信するかだけを考えて世界を飛び回っていたのでしょう。

 

とってもハードな仕事のようです。

 

そんな時代を頑張ってかけぬけて何十年もすぎた時身体は悲鳴をあげて体調不良になりやすい身体になって大病を患ってしまうことも考えられますね。

 

現代ではガンはふたりに一人かかると言われるほどの病気で身体のどこにでも発症するやっかいな病気です。

 

今や職業で分けられるようなことはできないでしょうが、目覚しい現代の医学の進歩があってもがんだけは医学界でもなかなか完治することがむずかしいようです。

 

竹田圭吾さんとおなじ職業のジャーナリストには思いつくだけでも、鳥越俊太郎さんや筑紫哲也さん、田原総一朗さんたちがいらっしゃいます。

 

その中でも竹田圭吾さんと同様のジャーナリストの鳥越俊太郎ですが1940年生まれで65歳で直腸がん、67歳で肺に転移、69歳で肝臓に転移するなどこれまでに4回もの手術をうけてこられていますが、考えが前向きで健康にも気をつけて食生活は野菜と魚中心でたべるし、スポーツジムにも通って体を鍛えているそうです。

 

その結果がんになる前より健康だと話しています。

 

また竹田圭吾さんと同じ職業のジャーナリスト筑紫哲也さんについてお話しましょう。

 

ジャーナリストの筑紫哲也「NEWS23」のキャスターでした。

 

2007年5月14日に自分の番組で初期の肺がんであることを告白しています。

 

治療に専念するために出演を一時休業した。

 

同年10月8日に番組に復帰。以降はスペシャルアンカーとして数ヶ月おきに番組に出演していました。番組の後半ではニット帽をかぶって出演していて治療をしながらテレビ出演したりして頑張っていました。

 

しかし残念ながら2008年11月7日に肺がんのためになくなりました。

 

しかし竹田圭吾さんも鳥越俊太郎さんも筑紫哲也さんも共通しているのはどんなことがあってもめげないし戦う気持ちを持っているのだと思います。

 

同じジャーナリストして、考え方や姿勢など共通するものがあるのではないでしょうか。

 

話を戻しますが激やせした竹田圭吾さんがコメンテーターとしてテレビに出演しているのを見ていると話の内容よりも激やせした表情の方が気になってしかたありません。

 

骨肉腫という病気らしいのですがこの病気は整形外科に属し、膝、足や肩や顎などの骨にできる悪性の腫瘍なのです。
10〜20歳くらいの若い人が多く、まれに50代や60代でも発症します。

 

男女比は男2:女1で圧倒的に男性がかかりやすいのです。

 

骨肉腫の発生部位の頻度は高い順で膝あたり60%、股関節15%、肩関節10%、顎6%となっています。

 

若い世代がかかりやすいので、初めは時々運動したりした時に筋肉痛と間違ってなかなか発見ができにくいのです。

 

ですから激痛を感じたり赤く腫れてきたりしたら、かなり進行していると思ったほうがいいようです。

 

激やせした竹田圭吾さんと同じ骨肉腫をわずらっていた女優の南野陽子さんが左手中指の骨肉腫を手術して左ひじから骨移植したと語っています。

 

骨肉腫は骨に出来る悪性の腫瘍ですから、特別はないのですが指の骨も腫瘍になるのですか?とびっくりしました。

 

前に記述した骨肉腫の発生部位が指でしたからさらに驚きでした。

 

国内で新たに骨肉腫と診断されるのは年間200人とも言われ、がんの種類の中ではまれなほうです。

 

しかし若い人がかかりやすいということで運動中の痛みが主な症状といわれていますので、健康には自信がある人がじつは骨肉腫だったということが多くて、まれなわりにはよく知られた病気でもあります。

 

以前24時間テレビだったかどうかはっきりしませんが、番組の中のドキュメントドラマで若い高校生が運動部の部活練習中に足に痛みを感じ、病院に言ったら膝の骨肉腫でショックのあまり落ち込んで自分の部屋から出てこなくなり心の整理をつけるのに苦しんでいました。

 

健康だった高校生が突然、なぜと思いますが、それからは病院生活で手術や抗がん剤に苦しむ毎日にかわってしまうのです。とういようなストーリーだったと思います。

 

激やせの竹田圭吾さんは年齢的を考えれば自分で痛みに気がついたときは、かなりの痛みがあって病気が発見されたのかもしれません。

 

骨肉腫は転移する場合、多く転移するさきは肺が最も多くほかにも肝臓やリンパなどにもみられます。

 

激やせした竹田圭吾さんがコメンテーターとして復帰されていますが、いまや痩せすぎた姿から視聴者はどうしたの?病気?がん?などと想像をふくらませているのかもしれません。

 

でも、骨肉腫で激やせした竹田圭吾さんと、うわさされるようになるのはコメンテーターとして復帰され時からわかっていたでしょうし、そんなことに振り回されるような方でもないでしょうから気になさらないでしょう。

 

それより竹田さん自身が、治療が順調で復帰できるようになって、また仕事ができるようになったことに喜んでいるでしょう。

 

自分が病気をしたことで今度は骨肉腫、医療、がん治療などひと味違ったひろい視点から、ものごとを客観的に見つめ取材し、情報を伝えるというジャーナリストになって幅広い分野で頑張っていかれるでしょうね!

 

今までみえなかったものや気がつかなかった事などたくさんの仕事が増えてやりがいをさらにみつけて活躍されることをRyouも願っております。

スポンサーリンク



関連ページ

ダレノガレ明美が激太りから一転、激やせダイエット!
一度激太りしたダレノガレ明美が激やせしたそのダイエット方法とは?
能年玲奈の激やせ画像
能年玲奈が急に激やせ!ドラマでのストレスか?痩せた理由を画像から検証していきます。
坂口杏里が激やせしたダイエット方法とは?
坂口良子の娘、坂口杏里が激太りから激やせしたその理由は?ダイエット方法を検証しました。
石原さとみが痩せた!体重は?
ディアシスター、失恋ショコラティエとドラマでも活躍が目覚ましい石原さとみ。メイクや髪型も人気ですが、最近急激に痩せたと噂になっていますのでそのダイエット方法と体重を検証してみました。
長澤まさみが激やせした理由は拒食症?
様々なドラマやCMで活躍中の長澤まさみが激やせしたようですが、その理由はストレス?拒食症?
島崎遥香(ぱるる)が痩せた!?
世界の美女トップ100にも名を連ねたぱるることAKB48の島崎遥香が痩せたと話題に。ぱるるの激やせ画像などを見ていきます。
岩田剛典が痩せた!彼女は一般人?
EXILE&3代目で活躍中の岩田剛典が痩せた原因について考察していきます。彼女は一般人との噂も。
鈴木香音が痩せた方法は?現在の身長と体重
モー娘ことモーニング娘の鈴木香音が激やせと話題に!痩せた方法と現在の身長・体重に迫ります。