炭水化物ダイエットのデメリット

スポンサーリンク

炭水化物ダイエットのデメリット

 

管理人のダイエットアドバイザーRyou(リョウ)です。

 

今回のテーマは、「炭水化物ダイエットのデメリット 」です!

 

ダイエット法や食事療法というのは本当に世の中に沢山あります。その中で今回は炭水化物ダイエッットのデメリットについて探っていこうと思います。

 

炭水化物の代表「白米」

 

私は最近ダイエットというよりは健康の為に炭水化物を抜く糖質制限をしていました。ある食事療法が健康に良いと聞くとすぐ試してみたくなってしまうのです。

 

どの食事療法も良ければ、結果的にダイエットにもつながると思います。健康を保つ為には肥満はもってのほかですからね。

 

私が一番最近試していたのが、この炭水化物ダイエット(糖質制限)でした。

 

でも今は止めてしまいました。デメリットを知ったからではなく、ただ単純に調子が悪くなってしまったのでやめたのです。

 

始めた時は炭水化物を抜くことでデメリットは何もないと思ってましたし、そういった糖質制限を勧める書籍なども読み、デメリットなど無いと信じて始めたのです。

 


↑いま最も売れているダイエット教材です。

 

書籍を読むよりも前に皮膚科の先生に前々からも炭水化物はお肌に良くないからと炭水化物を抜く事を勧められていたのですが大好きな炭水化物を抜くなんてありえないっとその時は思っておりました。でもその糖質制限の書籍を読んで試してみたくなり始めたのです。

 

その皮膚科に行ったのは首に小さなイボが沢山でき、その美容皮膚科は地元では良いと評判の病院だったので通いはじめたのがきっかけで、今も何かあればその病院に通っております。

 

まずイボができるのは免疫力が低下しているからできるのだという話になり、お米とか炭水化物を一切とらないで下さいと言われたのです。

 

玄米もダメですときっぱり言われました。その当時私はマクロビオテックをしていたので玄米なしの食事はありえないので先生にマクロビをしている事をお伝えしたところ、マクロビオテックをしていたら早死にするしアンチエイジングにはならないと言われました。

 

その先生もマクロビオテックを昔されていたそうで、「マクロビの権威ある先生と良く食事をする事があったけど、みなさんお肉をおいしそうに食べてたわよ」「でもその権威ある先生の奥さんってみんな早死にしてるでしょ?奥さんは家で忠実にマクロビをしているからよ」っと言われショックをうけました。

 

そしてその先生に指導されたのが炭水化物ダイエット(糖質制限)だったのです。

 

米、パン、麺類などなど私の好きなものほとんど食べてはダメ、朝はチーズと卵や肉を食べるように言われ、特に卵を食べる事をすすめられました。

 

炭水化物の高い野菜たとえばじゃがいもなんかもダメで、何も食べるものがないではないか?と思いましたが、ダイエットや美肌効果があるとおっしゃっていたので書籍なども読んで試してみました。

 

たまたま私の近所にはふすまパンという糖質の少ないパン屋さんもあり、でも一斤1000円もするのですが、一日全く炭水化物を抜く事ができないのでそういったパンを一食混ぜたりしていました。このパンも勿論食べ過ぎはダメです。

 

炭水化物ダイエット(糖質制限)は糖質摂取を1日20グラム以下に抑えなければなりません。

 


↑いま最も売れているダイエット教材です。

 

私が炭水化物ダイエットをしていた時は、朝はバナナを食べ昼はサラダと卵、夜は鶏肉など肉を食べるようにしておりました。

 

バナナは高炭水化物な果物なのですが、バナナダイエットなどが以前流行っていたかと思うのですが高エネルギーで満腹感もあるのでおなかがすかないので、朝ごはんにもってこいですし、単純にバナナが好きだったので朝はバナナを食べました。昼、夜はほぼ炭水化物は抜いておりました。時々ふすまパンを少量。

 

お昼は職場にお弁当をもって行き、サラダと卵とクリームチーズをもっていき、すりごまとごま油とポン酢で自家製ドレッシングを作って食べてました。本当はジャガイモが大好きなのでポテトサラダをもっていきたいところでしたが、なすとかトマトなどを食べていました。

 

美味しそうな野菜

 

 

夜は肉を好きなように食べるのですが、やはり肉とごはんはセットで美味しいので何となく味気ない食事でした。

 

そして勿論結果的に体重は減ったのですが、何かだるくてボーとしてしまい仕事に支障をきたしてきたので辞めました。

 

そこで炭水化物ダイエット(糖質制限)のデメリットを色々調べてみたところ、やはりブドウ糖不足による集中力の低下というのがデメリットとして挙げられてました。

 

そして疲れやすく便秘になるようです。確かに疲れやすくなって、私は便秘というのとは無縁だったのですが、やはり白米とかパンとかを食べないと便がでないのですよね。

 

便がでないと、結局一日気分も悪くイライラしてしまうわけです。

 

あとデメリットとして挙げられるのがおならや口臭、体臭などが臭くなるようなのです。

 

それは便秘になるからなのか?ケトン臭というのが出てくるそうです。酸っぱいような臭い?

 

私は臭いに関しては自分ではわからないので実感はなかったのですが…そもそも身体の臭いって自分ではわからないですものね。おならくらいならわかりますけど…。

 

マクロビをしていた時は好転反応とよばれているからだの毒素がでる期間というのがあっておならが止まらなくって大変な思いをいたしました。食事療法をしている人って漢方でもそうですが、口臭とか体臭が臭くなりますもんね。

 

そんな感じで私は炭水化物を全くとらないというダイエットは止めにしました。

 

皮膚科の先生はプロテインをすすめてました。先生は1日2食プロテインで一食はお肉やチーズ卵などをたっぷり食べるとおっしゃってました。

 

その皮膚科の先生は確かにとても綺麗なのです。まるで叶姉妹のような雰囲気で痩せすぎでもなくいい感じのスタイルと美貌を保ってらっしゃいました。

 

だからそんな先生に勧められると、いいのかも?って思ってしまいますものね。でもそのプロテインは高額で私は買えませんでしたが…。

 

でも気のせいか以前は座るところもないくらい流行っていた病院が最近は全然患者さんがいなくてもしかしたら糖質制限のデメリットが出てきてしまったのかも?と思いました。

 

私の炭水化物ダイエットは結果的に失敗してしまいました。ただどの食事療法のダイエット法は、筋肉が減ってしまうようなので筋トレもセットでやる必要はあるようです。

 

食事だけでは理想的なダイエットはできないという事ですよね。良く何もしなくても痩せたというダイエット法というのは炭水化物ダイエットも含めて、一時的なもので、きっとリバウンドも激しいかと思われます。

 

痩せる事の大前提として、1日の消費するカロリーが、1日に摂取するカロリーより多くないといけないので、やはりカロリーを消費するには動かなければならないので、食事療法だけで痩せるというのは難しいかと思います。

 

私は筋肉が全くないので簡単に痩せた気になってますが、すぐ食事を変えたら戻りました。

 

私は今まで本当に色々なダイエット法というか食事療法を試してきました。

 

一番長く一生懸命やっていたのがマクロビオテックです。確かにかなり痩せました。でも綺麗痩せたわけでなく、皆に心配される痩せ方でした。

 

今住んでいるところも、マクロビのショップやカフェが近所にあるのでここを選びました。

 

そして玄米菜食を徹底しておりました。マクロビショップに勤める友達にのめりこんで病的にならないように適度にしたほうがいいよっと忠告を受けていたにもかかわらず、完全にのめりこんでしまいました。

 

コンビニのものなど一切食べないし、マクロビでダメと言われているものが食べれないのであれば、食べないという徹底ぶりでした。

 


↑いま最も売れているダイエット教材です。

 

お肉もその頃は全く食べてなかったのですが、どうしてもお付き合いで焼肉を食べねばならぬ時があって食べたところ次の日凄く身体が軽く元気になったのでビックリし、マクロビってホントに良いのか?と思い始めました。

 

テレビでもお肉をおいしそうに食べる100歳近くのお爺さんの特集をしていて、お肉を食べると病気になるっていうのもどうなんだ?っと思えてきて、その頃に皮膚科の先生にマクロビはアンチエイジングにならないと言われ徐々にマクロビから離れていき、炭水化物ダイエット(糖質制限)に移り、もう食事療法何をしていいのかわからなくなり、今は何でもバランス良く食べています。

 

私はパスタが大好きなのですが、マクロビや炭水化物ダイエットでも禁止食品なのですが、今はモリモリ食べています。

 

バランスの良い食事

 

マクロビでも炭水化物ダイエットでもそうですが、とにかく食事療法というのは面倒でお金がかかります。特にマクロビはお金と時間がかかるので私には向いていないようでした。

 

結局今行きついたのは少食です。食べ過ぎないという事を気をつけて、なるべく低炭水化物のものを選ぶとか、パスタを食べたいところをそばにしてみるとか…それでもそばも沢山食べ過ぎないようにする。

 

腹6分目くらいが良いようです。あと間食をしない。適度な運動をする筋トレとか簡単なもので良いので継続する。規則正しい生活をする(なかなかできませんが…)

 

何よりストレスをためない事も大切かと思います。食事療法に執着しすぎるとホントに神経質で病的になります(私の場合は)楽しんでやれる人は良いのでしょうが融通の利かない人はストレスでかえって太ってしまうかもしれません。

 

あと何を食べても太らないという信念が大切なようです。恐らく太っている人は常に「これ食べたら太るかも…」と太る事前提で食べてしまいます。私もこれ健康に悪そうだなと思いながらカップラーメンを食べたりするわけです。その心の前提を無くすことも大切なようです。

 

太るかも?不健康かも?という現実を引き寄せるというか…なので食事は美味しく楽しんで食事をするという事に今はいきついております。

 

炭水化物ダイエットのデメリットを知ると炭水化物ダイエットはダメだと思ってしまいますが適度にやるぶんには良いのではないか?と思います。高炭水化物を低炭水化物に置き換えるだけでも随分違うような気がしますしメンタル的にも低炭水化物食べてるから太らないんだと思えればそれでダイエット効果があるのではないかと私は思います。

 

というわけで、今日は「炭水化物ダイエットのデメリット 」というテーマでお届けしました!

スポンサーリンク



関連ページ

自宅でできる太もものダイエット方法
ダイエットしたい部位は様々あると思いますがここでは、自宅でも簡単にできる太もものダイエット方法をご紹介します。
即効性のあるお腹ダイエットは?
自宅で簡単にできて即効性のあるお腹とウエストのダイエット方法についてご紹介します。
自転車とスクワットは太ももダイエットにどちらが効果的!?
このサイトでは自宅で簡単にできるダイエットというのがポイントです。ここでは自転車とスクワットは太ももダイエットにどちらが効果的か検証します。
簡単にウエストを細くする方法
細くしたい部位は人それぞれだと思います。今回は簡単にウエストを細くする方法をお届けします!
1週間で腹筋を割る方法
憧れのシックスパックの腹筋。関口メンディーやネイマールのような6つの腹筋を1週間で割る方法について言及していきます。