自転車とスクワットは太ももダイエットにどちらが効果的か?

スポンサーリンク

自転車とスクワットは太ももダイエットにどちらが効果的か?

 

 

こんにちは、管理人のダイエットアドバイザーRyou(リョウ)です。

 

今回は「自転車とスクワットは太ももダイエットにどちらが効果的か?」ということでお話していきたいと思います。

 

太ももダイエット

 

まずは、結論から!

 

自転車とスクワットともに太ももダイエットに効果的です。

 

理由は簡単です。

 

ダイエットで必要な要素の一つは、「運動」です。

 

自転車とスクワットともに運動をすることになりますから、どちらも太ももダイエットに効果的です。

 

運動をすれば、消費カロリーが上がりますよね?

 

ダイエットの本質は、摂取カロリー<消費カロリーですからね。

 

運動で消費カロリーがあがれば、どんな運動であれダイエットになるんです。

 

 

もう一つ。

 

太もものダイエットをするには、運動をするという消費カロリーをあげるという方法とは別に、そのダイエットしたい部位、ここでは太ももの筋肉をしっかりと使うということが大切になってきます。

 

だって太ももをダイエットしたいわけですよね?

 

太ももをダイエットするためには、太もも周りのぜい肉を落とさなければいけません。

 

自転車をこぐ動作を思い浮かべてください。

 

スクワットをしているあなたをイメージしてください(笑)

 

どちらも脚を、太ももを使っていますよね!?

 

まさか手でこぐ自転車なんかありませんよね!?

 

ありますあります。

 

自転車ダイエット

 

 

というのは冗談で、一般的には太ももの筋肉を使っている運動であることは、あなたもよくわかると思います。

 

自転車、スクワットともに消費カロリーをあげる運動である。

 

自転車、スクワットともに太ももの筋肉を使う運動である。

 

という理由から自転車とスクワットは太ももをダイエットするにあたってどちらも効果的です。

 

 

「えぇ!?これで終わりですか??」

 

って思っている方もいるかもしれませんよね。

 

 

だって知りたいのは、自転車、スクワットという同じ運動であり、同じ太ももの筋肉を使う運動のどちらが“より効果的”であるのか!?ということですもんね。

 

 

きっと(笑)

 

ですが、ここでちょっとだけ!?言わせてください!!

 

自転車とスクワットの大きな違いは、2つあります。

 

自転車とスクワット、両者ともに運動であり、しかも太もものダイエットの効果のある運動でありながら、両者の決定的な違いです。

 

その一つは、道具を使うか使わないかです。

 

サイクリング

 

自転車を持っていない方が、それを買ってまで自転車をこぐべきかどうかは疑問??ではあります。

 

自転車を購入するのに、安くても1万円ぐらいはかかりますよね。

 

また、スポーツクラブ入会すれば、エアロバイクがあるので、自転車の購入は免れますが、月会費がかかります。時間帯によっても異なりますが、だいたい大手スポーツクラブの平均月会費の額は1万円といっていいでしょう。そこにそこまでかけるべきか!?

 

それに比べて、スクワットは道具なしです。基本的に。

 

スクワット

 

もちろん、負荷をあげていくために、ダンベルを使ったり、バーベルを使ったりしていくこともありますが、「自重」といって、自分の体重を支えるだけでも十分な負荷になります。

 

決定的な違いの2つ目。

 

それは、移動するかしないかです。

 

家の中で、昔流行った(笑)家庭でもできるエアロバイクを買う場合は別ですが・・・自転車を走らせるためには、それなりに移動する距離も求められますよね。

 

それに比べたら、スクワットは移動なしです。家でもできますから。

 

ちょっとが、だいぶ長くなってしまいましたが。

 

太ももをダイエットするにあたって大切なことは、まず習慣的に行うことが大切なんです。

 

海外に留学していた人が帰国してから、全く英語を話していないと感覚が鈍るってよく耳にしませんか?

 

ダイエットも同じです。いかに習慣としてできる環境をあなた自身で設定できるかが、とても大切です。

 

 

では、お待たせいたしました。

 

本題です。

 

「自転車とスクワットは太ももダイエットにどちらが効果的!?」

 

長い時間をかけることができるのであれば、自転車。

 

短い時間しか時間をかけることができないのであれば、スクワット。ということになります。

 

 

なぜこういう回答になってしまうかというと、自転車とスクワットとの運動の種類の違いにあります。

 

自転車、つまり、自転車をこぐという運動は、いわゆる性質的にジョギングと同じような有酸素運動という分類に入ります。

 

有酸素運動とは、酸素をいっぱい体内に取り入れながら行う運動のことです。ジョギングをしていると、「はぁっはぁっ」と少し息が上がってくると思いますが、これは、必要な酸素を体内に取り入れている証拠になります。

 

この有酸素運動は、主に酸素と体内に蓄えられている脂肪とをエネルギーにして、運動を継続していきます。したがって、あなたが気になっている脂肪の量を減らしていくことができます。これは、体内に蓄えられている脂肪の絶対量です。

 

しかも、自転車を脚でこぐことによって、有酸素をしながらも筋肉を使うことになります。

 

筋肉を使えば、太もも周りの脂肪が優先的に燃えてきてくれます。

 

まさに一石二鳥です。

 

 

では一方のスクワット。

 

このスクワットという運動は、トレーニングの王様といわれるぐらいですから(笑)。いわゆる太ももを含めた下半身の筋力トレーニングにあたります。

 

筋力トレーニングは、一般的に一つの種目にあまり時間をかけずに行われます。

 

10分間スクワットをやり続けている人を見たことありませんよね?

 

そういう意味で、有酸素運動である自転車こぎとは違い、スクワットは、広義的にみれば、無酸素運動にあたります。

 

時間をかけないから無酸素運動であるというわけではなく、運動強度の違いにあります。

 

運動強度の高い運動は、呼吸をゆっくりする暇もないと考えた方がわかりやすいのではないでしょうか。

 

100mをダッシュするときに、「すぅすぅハァっハァっ」はしないですからね。

 

それだけ運動強度の高いスクワットは、”筋肉”、より専門的にいえば、「筋肉量」を増やすことができます。

 

下半身の筋肉量が増えることで、太もものダイエットにつながる大きな理由は、「代謝UP」です。これは、簡単に言えば、それだけ脂肪をエネルギーに使われやすくする機能があがるということです。

 

ただし、ここでの問題は、「ローマは一日にしてならず」で、筋トレも今日やれば明日には筋肉がつくというわけではありません。長期的な目が必要になります。

 

 

さらに、直接的と間接的という言葉を使うのであれば、太もものダイエットに、直近に、そして直接的に効いてくる運動は、自転車であり、反対に、太もものダイエットに、間接的に、後々効いてくる運動は、スクワットということになります。

 

 

もし、これを最後までお読みになったあなただったら、太ももをダイエットするのに、自転車とスクワットのどちらを選択するのでしょうか!?

 

 

今回は、様々な視点から、太ももダイエットにおける自転車とスクワットの効果をみてきましたが、あなたが今、できうる可能な条件というところから選択することが一番ですからね。

 

その理由は、ダイエットの本質は継続であり、いってみれば習慣にあるからです。

 

スポンサーリンク



関連ページ

自宅でできる太もものダイエット方法
ダイエットしたい部位は様々あると思いますがここでは、自宅でも簡単にできる太もものダイエット方法をご紹介します。
即効性のあるお腹ダイエットは?
自宅で簡単にできて即効性のあるお腹とウエストのダイエット方法についてご紹介します。
簡単にウエストを細くする方法
細くしたい部位は人それぞれだと思います。今回は簡単にウエストを細くする方法をお届けします!
炭水化物ダイエットのデメリット
自宅で簡単にできる炭水化物ダイエットのメリット・デメリットを考察していきます。
1週間で腹筋を割る方法
憧れのシックスパックの腹筋。関口メンディーやネイマールのような6つの腹筋を1週間で割る方法について言及していきます。