便秘による腹痛の症状と便意

スポンサーリンク

便秘による腹痛の症状と便意

 

管理人のダイエットアドバイザーRyou(リョウ)です。

 

今回のテーマは、“便秘”の症状である「腹痛を軽減する方法」。そして、もうひとつ!「便秘」と「便意」の関係について解説していきたいと思います。

 

あなたは、こんなことで悩まれたことないですか?

 

もう1週間以上も便が出ていない。

 

便秘による腹痛がヒドい。

 

便意があるのに、便がでない。

 

便秘による腹痛

 

いかがでしょうか?

 

本当であれば、便痛が毎日あると、健康状態が良好であるといわれています。

 

ですが、3日以上も便がなかったり、もしくは、便があったとしても硬くなったり、量が少なく何となく便が残っているような状態である、さらには便意があっても便が出ない、または便意自体感じられなくなっている症状のことを「便秘」といいます。

 

便秘は、特に女性に多く、一般的に腹痛、お腹の張り、食欲不振などの症状があらわれます。

 

また、肌荒れや肩こりなど、全身に影響がでることもあるので、ただ便が出ないだけと軽視しないことが重要です。

 

まず、あなたがご自身で、私は便秘かもしれないという自覚がある場合、それが、医療機関にかかるべきなのか?それともご自分で何とか対処できるのかどうかを判断しなければなりません。

 

 

今回これからお伝えするテーマは、後者の場合です。

 

以下のような症状の場合は、医療機関での治療が必要です。

 

・何の前ぶれもなく、突然、便秘をするようになった。
・血便がでたり、粘液が便に混ざっていたりする。
・便が細くなった。
・激痛をともなう腹痛や嘔吐、発熱。
・おなかにしこりがある。
・何を試みても、症状がよくならない便秘であるなど。

 

こういった症状が、もしあなたにある場合は、すぐにでも病院で診察を受けるようにしてくださいね。

 

あともう一つ大切なのが、便意です。

 

便意

 

この便意とは、「便がしたいという感覚」のことですが、この便意がなくなるという症状が出てきた場合は、便秘の症状としては重症である危険なサインであるといえます。

 

 

便意がなくなると、下腹部がぽっこりと見た目が悪くなるというのもありますが、便が腸内に溜まりやすく、おなかの張りや腹痛になりやすくなります。

 

つまめるお腹

 

このように、便意のないタイプの方は、先ほど示した何を試みても、症状がよくならない便秘であるといえるので、すぐに病院での受診が必要です。

 

それ以外の場合で、あなたが、便秘であるといっても、便が1週間に1〜2回程度ある場合や、便意がある便秘は、自分自身で症状を軽減・緩和できる可能性があるといえます。

 

 

便秘の症状として代表的にあげられるのが、お腹の張りや腹痛ですが、この便秘による腹痛の程度は、個人差があり、原因も様々です。

 

一般的には、腸内で発生するガスが便によってふさがれ、体の外に排出されないために、
他の内臓器官を圧迫することで腹痛が起きるといわれています。まさに便意があるのに、便が出ないタイプというのは、このタイプといえます。

 

その他にも、別の病気との合併症や便秘薬のよる副作用で腹痛を伴う場合もあります。

 

この腹痛ですが、しばらくすると治まる場合があります。それは、体内に溜まっているガスが徐々に血液中に吸収されるからです。つまり、便秘の症状としての腹痛は、永久的に続くということではありません。

 

 

しかしながら、一方でその結果起きるのが、肌荒れなどの美容の問題や肩こりなどです。

 

それは、本来、体外に排出されるべきガスが血液中に吸収されることによって、血液が汚れ、体内の循環が悪くなるためです。

 

では、この腹痛を軽減するには、どうすればよいのでしょうか??

 

腹痛が起きている、そもそもの原因が便秘による症状ですので、この便秘自体を解消するような働きかけをするということが、当たり前ですが大切です。

 

 

そのための必要な考え方とは、

 

・食生活の見直し
・適度な運動
・ストレスコントロールになります。

 

まずは、食生活の見直しです。

 

野菜中心の食生活

 

食生活とは、食事の内容の改善だけでなく、食事を摂るタイミングや回数なども含まれます。食事の内容としては、特に食事に含まれる栄養素の働きに着目しています。この働きが腸自体の動きを高めたり、排出されやすい便をつくることに影響していきます。また食事を摂るタイミングや回数などは、生活習慣という観点からみても大事なポイントであるといえます!

 

食生活を見直すポイントとしては、

 

1.朝昼晩の3食をキチンととるようにし、食事のリズムを整えること。特に朝食を抜かないようにすることが大切です。

 

2.食物繊維や水分を十分に摂るようにします。食物繊維は、腸の活動を高める働きがあります。穀物、イモ類や豆類、ひじき、寒天、果物などを摂りましょう。そして、もう一つ大切なのが、水分摂取です。水分が不足してしまうと、便が硬くなって、腸内を移動しづらくなるからです。

 

3.極端なダイエットは避けましょう。食事のみで行うダイエットには、極端に食事量が少なくなる場合があります。食事量が減ってしまうと、食物繊維や水分摂取量が少なくなったり、便のとおりをよくしている脂肪分の摂取も減ってしまうので注意が必要です。

 

4.腸内環境を整えるような食品、例えば、ヨーグルトなどの発酵食品やオリゴ糖を含む食品を積極的に摂るようにしましょう。

 

 

次の便秘症状の解消法は、適度な運動です!

 

適度な運動

 

運動不足も便秘の大きな原因になりますし、特に腸の運動を促して、腹痛症状の軽減や便意が無い方にも、腸の感覚を取り戻すためにも必要になってきます。

 

ではどんな運動が良いのでしょうか?

 

1.腹筋をすることです。

 

腹筋を鍛えることの大きな意味は、

 

便を体外に押し出す力を高める

 

腸自体の働き(ぜん動運動)を良くする

 

おなかを温めることで、腸の動きが活性化する

 

です。

 

2.ウォーキングや水泳などの全身運動をする。

 

この意味は、たくさんの筋肉をつかうことで、腸の働きを活性化しますし、全身運動をすることで、快適な睡眠をとることができ、生活習慣が整ってきます。

 

 

三つ目の便秘症状の解消法は、ストレスコントロールです。

 

ストレスコントロール

 

胃や小腸、大腸などの消化管は、自立神経にコントロールされているため、強いストレスを受けてしまうと、その働きが阻害され、便秘になりやすくなります。

 

ストレスとは、客観的に測定することが難しく、自覚しづらいために、これをすれば絶対大丈夫というのは言い切れませんが、一番大切なのは、きちんと休養をとることです。時間に余裕がなくなってしまったり、常に緊張感のある生活になってしまうと知らないうちにストレスが溜まっているということも起こりかねません。

 

 

まとめると、便秘も一つの病気であるという認識をまず持つことです。

 

そして、今のあなたの便秘の症状が、医師による治療が必要であるのか、ご自身でケアをできるレベルであるのかをきちんと見極めることが大切です。

 

自信がなかったらすぐに病院です!!

 

その上で、今できる対処法をそれぞれの症状に分けて、進めていくこと。

 

ちなみに!!

 

就寝前4分半の簡単エクササイズで、1週間以内に便秘を解消させ、
ウエストが-5cm、体重が-3kg、その後、快便で爽快な毎朝を迎えたい!というあなたにはこちらをおススメします。

 

スポンサーリンク



関連ページ

老廃物を出す飲み物と食べ物は?
老廃物は、便秘やダイエットの大敵!今回は、老廃物を出す飲み物と食べ物についてご紹介します。