閉じる
  1. 2週間で5キロ痩せるダイエット方法は?
閉じる
閉じる
  1. ボーンブロススープの作り方は?レシピを効果をご紹介!
  2. 1週間スクワットをした時のダイエット効果と正しいやり方は?(女性編)
  3. 最近激やせ・激太りした芸能人は?病気の可能性も!?
  4. おすすめのマヌカハニーと効能は?副作用は大丈夫!?
  5. 卵を生で食べすぎると太る?賞味期限切れの卵はいつまで生で食べられる?
  6. 67キロだったダレノガレ明美が24キロ痩せたダイエット方法は?
  7. 2週間で5キロ痩せるダイエット方法は?
  8. 見た目年齢を若く&見た目体重を減らす方法
  9. 自宅でダイエット!おすすめの筋トレメニューは?
  10. ダイエットブログライターkomichiのプロフィール
閉じる

女性向けダイエットブログ「楽ダイ」

ダイエットブログライターkomichiのプロフィール

ダイエットブログライターkomichiのプロフィール

初めまして、ダイエットブログライターkomichiです。

1971年7月3日広島県生まれで、父親が厳しく何故か小学校2年生の頃冬の寒い朝、野球をやっていた兄弟とその仲間たちと一緒に女の子なのにお前も鍛えて来いと言われランニングをしていたという経験を持っています。

当時は広島では男の子は野球、女の子はバレーボールをやるのが一般的で、個人的には野球派だったのですが、なにせまだまだ時代は男子はこれ、女子はこれとくっきりばっちり分けることが主流の子育てが当たり前でかなりストイックに育てられました。

同じ時期、なぜか本好きの子供で図書館で借りたヨガの本にはまり、一人黙々とヨガのポーズをやるという・・・今振り返ってもどんな子供だったんだと自分で自分にツッコミを入れたくなるようなことに興味を持ち、学校の勉強にはまったく興味を持たない肉体派として育ちました!

父が若い頃から柔道をやっていたり、その弟の叔父が自転車でさまざまなところへ行くという趣味を持っていて、祖父母宅には大好きだったシェパードがいたりと、今振り返ってもかなりワイルドな家庭で育ったのでどうやら運動に関しては苦手意識はなかったのです!

その後成長し、中学ではやはりバレーボールをやっていたのですが、高校生になりテニス部に入った途端いじめを経験しあえなく辞め美術部に入るというまさかの方向転換をし、無事中学を終えました。

高校では帰宅部を通し、卒業後仕事をしながらダイエットを繰り返すという誰にでも経験がある悪循環を繰り返しつつ、体型維持はいかにすればいいのか思いあぐねていました。

縄跳びをやってみたり、ランニングをやってみたりしますが、要するにやり方を知らないため苦しくなってすぐにリタイアしてしまい、太ったからダイエットする、食べるの我慢して苦しいけど痩せた、やったぁーと喜び食べてリバウンドを繰り返し、舞茸エキスを飲むと痩せられる、足やお腹に巻くと痩せるといういわゆるダイエット商品を片っ端から試しては撃沈を繰り返していました。

そんな私にある転機が訪れました!

体の作り方を学生時代から学んでいたある男性との出会いでした!

中学時代からボクサーを目指していたその男性は、優しすぎる性格のためボクシングジムに入ったのはいいのですが、友達である仲間を殴ることができなかったため、あえなくボクシングジムを諦めました。

その後、縁があってボディービルダーの先輩と出会い体を鍛える方法を教えてもらい、若い頃から地道に体を鍛え続けていました。

その人との出会いで体を鍛えること、運動をすること、食べ方を学ぶことを教わりましたが、母をがんで亡くした直後の出会いで精神的に疲弊していたこともあり、その教えが逆効果になり摂食障害、うつ病、パニック障害などの精神疾患を発症し、いちから心身を立て直すという試練と向き合うことになりました。

ちなみに、その男性とは発症に気づかない状態で電撃結婚し、現在も一緒に暮らす人生のパートナーとなりました!

ですが、これは試練だったと当時思っていましたが、振り返って分かることは転機&発展のために必要な学びだったのです!

その後様々な学び&実践を繰り返し、パニック発作で外にも出られない状態だったのに、このまま家に引きこもっているわけにはいかない、人生は25歳の私にとってはまだまだ続くという思いの中でウォーキング&ランニングを開始し、パニック障害だったので5分も外にいられないのに、まずは歩くことから始め、徐々に時間を伸ばして歩けるようになり、さらに10分歩いたら5分走るを繰り返して30分走れるようになり、それが1時間になり、最終的には1時間半~2時間LSDというゆっくりと長い距離を走るというランニングのトレーニングが出来るようになるまで成長しました。

この成長プロセスの中で、とにかく体調不良がひどかったのでランニング出来るようになったのに、ある日突然半年も一切運動をしない状態になって引きこもったりといろいろと手こずりました。

習慣を変えることはとても大変なんだという事実と向き合い、それでもこっちに行きたいこのままで居たくないという強い思いを持って再度奮起するという繰り返しの中で変化を引き起こして来たのです。

走れるようにはなりましたが、ここで夫からツッコミが入ります!

「あのさ、キレイな体になりたかったら、走るだけじゃダメなんだよね」

こいつは鬼だ・・・そう思いつつも夫の話には意味があることを察しどうしたらいいのか尋ねると、「筋トレだな」と一言言い放ちました・・・(汗)。

当時、我が家にはダンベルセットとベンチプレスがありこれで筋トレをしなさいと教えられました。

まだまだ疾患は残っていて、やれることは家事と運動と本を様々なジャンルから読んで知識を得ることしかできなかったので教えに従って筋トレを始めました。

まだ摂食障害がひどく、拒食症がひどかったため体力がついていかず、筋トレ後に走るとそれだけで体力がもたず困ったりと本当にいろいろと経験してきました。

なんとか家で筋トレを習慣化出来たときに、まだ20代だった私ははたとこう強く思ったのです。

「なんか一人で黙々と家で筋トレをしていることが寂しい・・・」

そんな思いを持って買い出しに出かけたときに、家から徒歩5分のところにあるジムが目に入りました!

そこでピカーンとひらめき、ジムに通うことにしたのですが、パニック障害がひどかったのでこれもかなりハードルの高いチャレンジでした。

まず、パニック発作が起こるので最初の頃はジムのお風呂に入れませんでした。

筋トレをして逃げるように家に戻る日々が続いたのです。

その後、スタジオプログラムに興味を持って参加するようになるのですがこれもまた大変なチャレンジでした。

スタジオプログラムに参加すると、時間になると扉を閉めて密室にしますが、パニック発作でこれが怖く逃げ出したい気持ちを抑えながら自分を変えるためにファイトし、なんとかこれもクリアします!

そのうち、ジムのお風呂にも入れるようになり徐々に健康を取り戻していきました。

やせ細った体に筋肉をつけて健康体にする方法を、自ら学びながら運動のやり方を知っている夫から学びサポートを受けつつ人生を取り戻すためにファイトしていったのです。

そして2018年2月現在、ジムで筋トレ、有酸素運動、ストレッチをやりながら、週に何度かは外をランニングし体型維持をしつつ食事管理もしつつ健康と体型維持をしています。

このような経験から、付け焼き刃のダイエット情報は違うだろうというツッコミを入れたくダイエットブログライターという活動を始めました。

個人的にも散々ダイエット情報には踊らせれ、数多くのダイエット商品を購入し散財し結果を得られず途方に暮れた経験がありますので、ダイエットに関してどうしたらいいのか迷っている人、困っている人の気持は経験者としてよく理解できますし、なによりもそんな大間違いをしていたわたくしに大きなツッコミを入れ、それでも辛抱強く見守ってここまで健康回復&現在体型維持ができている状態まで導いてくれた夫の存在が、筋肉女子寄りにもなりつつある現代の風潮にちょっと待ったをかけつつダイエットに関して情報発信をしていければと思っています。

ダイエットではなく、あなたがなりたい自分になるために日々の生き方を変えていくことでダイエットから卒業できるようにとの思いを込めて、ダイエットブログライターとして活動していきたいと思っています。

あなたはどんな自分になりたいですか?

あと3kg痩せたいのか、24インチのデニムが履けるようになりたいのか、腹筋が割れているのがいいのか、そこまではいかなくてもいいから痩せた状態をキープしたいのか、まずはそこをはっきりとさせましょう。

ちなみにわたくしは、バキバキ腹筋を割りたいわけでもなく、ただ今の体型維持をしつつ自分でコントロールして絞れるときも作れればいいなと思っています。

一度摂食障害で拒食を経験したので、フィットネスビキニのように絞り込むというのは正直もういいです。

だけど、自分なりにいいんじゃないと思える体型を維持できればと考え情報発信をしていきたいと思います。

おすすめ記事

  1. 2週間で5キロ痩せるダイエット方法は?

人気ブログランキング

免責事項

当サイト上に掲載されいる情報の内容については万全を期しておりますが、これらの情報によって万が一いかなる障害が生じた場合も当社および情報提供者としては一切の責任を負いかねますのでご了承の上、ご利用いただきますようお願い申し上げます。ご質問やご相談はこちらまでお問い合わせください。

ページ上部へ戻る